トップページ »  » 就職の内祝いについて

就職の内祝いについて

今は就職氷河期とも言われています。
ですから、就職が決まっただけでもおめでたいことです。

最近では就職祝いを贈るということが減少をしてきています。
しかし中には就職祝いを頂くということもあると思います。
お返しとしての内祝いは初任給で贈るということが多いです。

中々初任給で内祝いを購入するという方も少なくはなってきているようです。
お祝いを現金でいただくことも多いのですが、スーツなどの実用的なものを就職祝いとして贈るということもあります。

その場合には大体の価格の半額ぐらいのものを内祝いとして購入し、相手に贈らなければいけません。
品物としては、相手の趣味趣向に合わせるのが良いのですが、それはよく知っている相手ではないと難しくなります。
ですから、日用品や食品を贈るということが一般的にもなってきています。
日用品や食品であれば、もらっても困るということが少ないですし、適当な価格のものを探しやすいというメリットもあるので、内祝いとして適しているということが多いのです。

その場合にもカタログギフトを利用するということがあります。
最近では様々な分野のカタログギフトがあるので、かなり便利になってきているということが出来るのです。