トップページ »  » 七五三の内祝いについて

七五三の内祝いについて

子供に関わるお祝いに七五三があります。
女の子は3歳と7歳、男の子は5歳の時にその成長を祝ってお祝いをします。
元々は徳川家で起こったものなのです。

七五三のお祝いも限られた身内で行われます。
一緒に会食をするということが増加をしてきています。

内祝いも子供の写真や名前の入った記念品であれば、内祝いの雰囲気も出ますし、子供の祖父母であれば喜ばれるのではないかなと思います。

七五三のお祝いとして、場合によっては着物などを贈ることもあるようです。
子供用であっても、価格の幅は広いものです。
それらに対する内祝いも考えてしまうでしょう。
カタログギフトにするのも良いのですが、日持ちのするお菓子などでも良いでしょう。
お菓子のギフトも有名店であれば、かなり高いものもありますので、それをお祝いのお返しとして贈るというのも適していることだと言うことができるのです。

最近では子供が生まれてからのフォトブックをお返しにつけるという場合もあります。
これも身内だけだからこそ、出来ることだと思います。
もらっても迷惑にならないというのが前提となっているのです。
もしも子供の祖父母以外からお祝いをもらうようなことがあった場合には、お礼の言葉も忘れてはいけません。