トップページ »  » 入学の内祝いについて

入学の内祝いについて

人生の中でも度々訪れるのが、入学です。
入学の内祝いも最近ではカタログが増加をしてきました。

入学祝いを頂くのは、入学をする本人の祖父母であったり、叔父や叔母であることが多いです。
友人が贈るということはあまりありません。

ごく親しい間柄で贈られるものでもあります。
その入学祝いの内祝いとしては、入学式が済んだ4月上旬に贈るほうが良いです。
出来れば、本人を連れて挨拶に行くのが好ましいです。

最も多いのが、小学校の入学に対するお祝いです。
1つの節目でもあります。
ランドセルを背負った子供の写真をカードにして内祝いの品物に付けるということもあると思います。
本人の祖父母であれば、それも喜んでくれることでしょう。

中学、高校までは今やほとんどの子供が進学をします。
大学ともなると、様々な事情があり、進学をしないこともあります。
例え、自分の子供が大学に進学をせず、お祝いを受け取らなかったからと言って、大学入学祝いを贈らなくても良いということはありません。
慶事ですから、キチンとしたお祝いを贈るのが大人のやり方でもあります。

内祝いには3分の1から半額程度の品物を選び、お返しをするのが一般的になってきているので、商品も慎重に選ばなければいけません。