トップページ »  » 結婚の内祝いについて

結婚の内祝いについて

結婚をした場合、挙式や披露宴を行うということが多いです。
近年、不景気のために挙式披露宴を行わないという場合もありますが、まだまだ行う人は多いのではないでしょうか?

結婚は慶事です。
ですから、当たり前のようにお祝いを贈ります。
一般的には挙式の当日にご祝儀を持っていくという形でお祝いをする場合が多いです。
お金を贈るというのは一般的でもありますし、色々新生活に係る費用を捻出することが出来たり、また挙式の費用の足しにすることも可能となります。

たまにご祝儀としての現金の他に何か贈り物をするという場合もあります。
そしてそのご祝儀やお祝いの品物に対して、内祝いを贈ります。
これは引き出物と言われています。
引き出物も内祝いの1つなのです。

他にも、挙式披露宴の当日に参列することが出来ず、前もってお祝いをいただいていた人に対して内祝いを贈ることがあります。

品物としては、頂いた金額の3分の1〜半額程度のものを考えると良いです。
相手のことを考え、もらっても困るというようなものは避けましょう。

贈る場合には、先方を訪ねて行くのが常識的です。
お祝いに対する感謝の気持ちを言葉にして、品物も一緒に贈ると失礼にはなりません。